S-Johnny's Garden

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

  

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 根岸ステークス - 見解等

今週末の東京競馬場で行われる重賞「根岸ステークス」について、個人的見解を中心にUPしています。

遂に昨年から続いていた中山開催も終了し、東京競馬場へ・・「根岸ステークス」と言えば春のダートチャンピオン決定戦フェブラリーSの前哨戦に位置付けられている。

さて、レースの傾向だが先ずは簡単なデータから。過去10年の出走馬の前走別成績を調べると、「チャンピオンズC」組と「武蔵野S」組が3着内率で50%以上の数値をマークしている。

また、距離別では1600m以上の経験馬が有力で、東京ダート戦で勝利を挙げていた馬や、敗れていた場合でも1着馬とのタイム差が小さかった馬は、ノーマーク禁物か。

[http:// ]

 

今回人気になりそうなのはサンライズノヴァ、コパノキッキング辺りになるのだろうか。

サンライズノヴァ

チャンピオンズカップ6着からの巻き返しなるか? 結果的には6着に敗れたが、これまでの好走の殆どは1400m~1600mという馬でも有り、中京ダートの1800mはちょっと長すぎた感じだ。今回は最も得意とする東京ダート1400m戦だけに、前走の借りを返すには絶好のチャンスだ。

コパノキッキング

初重賞挑戦ながら1番人気の高評価を得た前走「カペラステークス」で、堂々人気に応え勝利をおさめた。4角13番手で通過と言う絶望的な位置から、上がり3ハロン最速の脚で差し切ったのだから、まさしく鬼脚。伸び盛りの4歳馬だけに、これからの成長も含めて楽しみだが、唯一の不安は、初の東京コース、初の左回り、これまで勝ち星のない1400mが舞台と言う点か・・。

ケイアイノーテック

G1「NHKマイルカップ」を勝った馬が今回ダートに挑戦する・・。確かに母親が現役時代にダートで活躍したケイアイガーベラという血統背景を考えれば、と言う感は有るが、どんなパフォーマンスを見せられるか注目したい。個人的には条件変わりは注目するが、好成績を残せるのはあくまで2、3歳戦(未勝利戦)に多いと思われる。

 

その他

マテラスカイについては「プロキオンS」で1400m戦を勝っているが、殆どのレースが1200m戦に集中しており、タフな東京では足りない気が・・。人気になるようなら思い切って切る手も。

既に7歳を迎えてしまったモーニンだが、一時期調子を落としていたが、前走「JBCスプリント」では大外枠から4着と復調気配「フェブラリーステークス」は少しこの馬には距離が長い事も有り、ここがメイチの勝負か・・。

キタサンミカヅキは「東京盃連覇」や「JBCスプリント 3着」と短距離では安定した力を発揮している。前走「カペラステークス」では58㎏を背負いながら、勝馬のコパノキッキングには0.2秒差の3着。距離はギリギリだが、逆転の可能性は十分に有る。

 

サンライズノヴァが中心となりそうですが、かなり難解なメンバー構成だと思います。ユラノトクインズサターンも今回記載しませんでしたが、十分にチャンスが有ると思いますし、個人的には追込み一辺倒の馬は、不発が考えられる事から余り頭にはしたく無いと言うのが基本に有ります。

 

どちらにしても、レースまでにもう少し情報収集した結果を、前日夜にUP予定ですので、引き続き、宜しくお願いします。

 

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

[http:// ]

 

[http:// ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想