S-Johnny's Garden

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

デイリー杯 2歳ステークス - 見解

こんばんは。

 

また苦手な 2歳戦重賞ですね・・
<(^ー^ι)

そろそろ 2歳戦も当てないとね~~ (-_~-)

 

取り敢えず何時も通り、データから見ていきましょう (^o⌒*)/

 

デビュー戦1着馬はその勝ちっぷりにも注目

過去 10年の出走馬のデビュー戦での着順別に成績を調べると、「1着」組が 7勝を挙げるなど、3着以内馬 30頭中 17頭を占めている。しかしながら、「6から9着」組が連対率で半数近い数字をあげており、やはり難しい一戦だ。デビュー戦「1着」馬 57頭について、そのデビュー戦の 2着馬とのタイム差別に成績を調べると、優勝馬 7頭中 6頭はデビュー戦で「0秒2から0秒5」の差をつけていた。デビュー戦で1着だった馬は、そのレースの 2着馬とのタイム差もチェックしておきたい。

 

デビュー戦での位置取りをチェック

過去 10年の出走馬について、デビュー戦の 4コーナーでの位置別に成績をまとめると、「10番手以下」組が連対率と 3着内率でトップとなっている。しかし、「1から3番手」組が 7勝を挙げ、3着以内馬 30頭中 16頭を占めており、同組はここ 4年連続で勝利を飾っている。

 

デビュー戦以外の着順も要チェック

過去 10年の出走馬について、デビュー戦を除くレースでの最低着順別成績をまとめると、キャリア 2戦以上の馬の中では、「1着」と「2着」の 2組、つまりデビュー戦以外では 3着以下がないという馬しか優勝していない。逆に、デビュー戦以外で6着以下があった馬は連対がなく苦戦気味だ。

 

サクセッション

前走「アスター賞」では 1着。2番手追走から早め先頭に立つと、そのままゴールと着さ以上の強い内容。初めての長距離輸送を克服なら、無傷の 3連勝もありそうだ。

ペールエール

前走「新潟 2歳ステークス」では 2着。好位でしっかり溜めを利かせて直線半ばでは完全に抜け出したが、勝ち馬 ウーマンズハートに並ぶ間もなく差し切られてしまったが、相手が悪すぎた。先行して速い上がりが使えることから今回初となる京都コースも十分対応できそうだ。

トリプルエース

前走「小倉 2歳ステークス」では 2着。このレースではスタート直後、両側から寄られる感じで、後方からのレースに。4コーナーから直線にかけて馬群を縫うように進出し マイネルグリットとの叩き合いに持ち込んで2着と好走。ただ「京王杯 2歳ステークス」での マイネルグリット (9着) をみると、不安面は否めないか。

レッドベルジュール

前走「新馬戦」では 2番人気に推され、直線叩きあいの末クビ差辛勝。3着馬には 5馬身差付けていた。血統背景は十分なだけに、ここでも期待の一頭か。

ライティア

前走「新馬戦」では 見事 1番人気に応えて 1着。オークス」を勝った シンハライトの全妹という超良血馬だが、馬格が 410㎏ 台と小さいのがやや気になるところだが、タフな阪神コースで完勝しこ事から、スピード & パワーを兼ね備えているように見える。

ウイングレイテスト

前走福島の「2歳未勝利」ではハナ差の辛勝。ただ、馬場の悪い内を避けて外を回った影響もあり、むしろロスの大きさを思えば、着差以上の強さとも受け取れる。今後、良馬場でどのようなレースが出来るかだ。

ゼンノジャスタ

前走東京の「1勝クラス」では 2番人気で見事 1着。既にキャリア 4戦の馬で、2走前には「小倉 2歳ステークス」で 4着の実績。今回距離延長、上り目という点でどうかだ。

 

2歳戦は纏めていても比較対象が難しいですね。現時点では サクセッションがひとつ抜けているのかな~~。

最終決断は、何時も通り前夜にUP予定 !!

 

www.s-johnny-garden.com

 

www.s-johnny-garden.com

 

 

 
ブロトピ:ブログ更新しました♪ブロトピ:競馬予想ブロトピ:今日のブログ更新

プライバシーポリシー     問い合わせ