S-Johnny's Garden

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

フラワーカップ - PICK UP!!

こんばんは。
フラワーカップについて纏めてみた。

フラワーカップ

牝馬クラシック路線における前哨戦
気になるデータを PICK UP してみると・・

① キャリア2~5戦の馬が中心。6戦以上の馬の優勝例はない。

② 内外極端な枠に入った馬は不振。

③ 近年は前走で条件クラスのレースを使われていた馬が優勢。

④ 先行力や末脚に注目。過去5年の3着以内馬15頭中10頭は、前走の4コーナー通過順が「2番手以内」だった。また、過去5年の3着以内馬15頭中9頭は、前走がJRAのレース、かつそのレースの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「2位以内」だった。

ざっと目ぼしいデータとしては、こんな感じなので、出走予定馬で見ていくと・・

「ミアマンテ」
前走(ベゴニア賞)では1着。2走前の新馬勝ちが重馬場、前走の勝利が不良馬場ということで、まだ良馬場での実戦を経験したことがない点と、血統的には距離が少し長いか ?

「シーズンズギフト」
前走(若竹賞)では1着。力のある牡馬が相手にはいたが、上がり3ハロン最速の末脚でアッサリと差し切りを決めている。中山コースとの相性も良さそうで、距離も問題ない。

「ポレンティア」
夏の札幌、芝1500メートルの新馬戦を2番手で折り合い、直線でアッサリ抜け出し2着以下の馬に3馬身以上の差をつけて快勝。前走(フェアリーステークス)では5ヶ月の休み明け重賞挑戦で3着と力のあることを証明したことから、ここでは主軸の一頭。

「レッドルレーヴ」
新馬戦では共同通信杯3着だった「フィリオアレグロ」の2着と強い相手と互角の戦い。前走中山コースで勝利しており、能力がある馬で間違いないが、1勝馬の身でどこまで・・。

「クリスティ」
阪神ジュベナイルフィリーズでは8着も、先週のフィリーズレビューで2着だった「ヤマカツマーメイド」とは0.4秒差。ここでも十分通用するレベルだ。

「ショウナンハレルヤ」
デビューから4戦して【2,0,0,2】と好走か凡走か極端なレース。前走(セントポーリア賞)では10番人気での勝利。馬体重の増減が激しい馬で、当日の体調面次第。

他では前走未勝利戦が好内容の「キングスタイル」、「フラワリングナイト」辺りまでか・・。

なかなか難しいメンバー構成だが、主軸として考えるなら「シーズンズギフト」or「ポレンティア」のどちらかだな~~。