S-Johnny's Garden

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

日経賞 - PICK UP!!

こんばんは。

天皇賞・春(G1、芝3200m)の前哨戦にあたるレースなんだけど、いまいち気合が入らないな~~ <(^ー^ι)

図抜けた実績馬もいないし混戦だね!!

 

日経賞

気になるデータを PICK UP!!

① 過去10年の3着以内馬延べ30頭中27頭は、前年以降、かつJRAの2500メートル以下のGⅠ・GⅡにおいて3着以内となった経験のある馬だった。

② 過去10年の3着以内馬延べ30頭中19頭は、通算出走数が「16戦以内」だった。

③ 過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、前走の着順が「5着以内」だった。

④ 過去5年の3着以内馬延べ15頭中、2018年2着の[チェスナットコート]を除く14頭は、前走が国内のレース、かつそのレースの4コーナー通過順が「8番手以内」だった。

ざっと目ぼしいデータとしては、こんな感じなので、出走予定馬で見ていくと・・

「ミッキースワロー」
前走(アメリカジョッキークラブカップ)では「ブラストワンピース」の4着。毎年中山の重賞で激走している点からも、まず上位争いには絡んでくるだろうが、もう一押しが足らない。押えまでの一頭か・・。

「エタリオウ」
前走(有馬記念 G1)では10着。昨年のこのレースでは2着も、これまで15戦して僅か1勝と勝ち味の甘さがある。重賞では4連対と能力の高さを示しているが・・。

「モズベッロ」
前走(日経新春杯)では格上げ挑戦ながら重賞タイトルを手にした。4歳馬らしい急成長を遂げている一頭。ただ今回は別定戦でも有り、楽ではないのは確かだ。

「スティッフェリオ」
前走(アメリカジョッキークラブカップ)では8着。昨年の(オールカマー)では逃げて「ミッキースワロー」を退けている。今回も楽に逃げれるようならそのままというケースも・・。

「サトノクロニクル」
球節炎を発症し長期離脱を余儀なくされていたが、前走(アメリカジョッキークラブカップ)で約1年半ぶりの復帰で5着と掲示板を確保。2走ボケが無ければ、故障に泣いた素質馬の巻き返しがあっても良い。

他では(日経新春杯)で2着の「レッドレオン」、上がり馬「サンアップルトン」、(中山金杯)で2着の「ウインイクシード」、(中山記念)で久しぶりに3着の「ソウルスターリング」辺りか・・。
ソウルスターリング」は今回が引退レースなのかな ? 最後に見せ場作れるかな~~。
個人的には(福島記念)の際にも推奨した「ウインイクシード」は再度狙ってみたい ☜ 地味なので、人気にならないし(笑)