S-Johnny's Garden

中央競馬のメインレースを中心に独自理論で予想した結果を無料で公開。みんなで勝ち組を目指しましょう!!

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー


長距離の血が騒ぐ・・ 2022 - ダイヤモンドステークス - トピックス

 

目次

 

こんばんは。

 

昔は長距離血統の馬が結構いたんだけど・・

最近は中距離のスピード競馬だからね 👍

おっ・・なかなか詳しくなってきたね~~(笑)

 

【ダイヤモンドステークス】

東京競馬場で行われるレースの中では最長距離(3400メートル)となるハンデ戦

東京競馬3400m

 

気になるデータ・トピックス

基本データは昨年のデータを拝読願います。

 

www.s-johnny-garden.com

 

想定メンバー&オッズ

ダイヤモンドステークスオッズ

 

注目馬!!

レクセランス

前走【万葉ステークス】では、出たなりの位置で流れに乗り、やや掛かりながらも後ろ目から外に出してよく伸びての 2着好走。コーナーで右にモタるとこも見られたようにやや不器用なところがある馬なので、左回りに替わる点は好材料。
芝 2500メートル以上の近 3戦のレースでは、いずれも上がり3位以内の末脚を繰り出して好走と長距離戦は得意舞台だけに初重賞制覇は目の前か。

ヴェローチェオロ

前走【グレイトフルステークス】では、2番手先行抜け出しとそれまでとは違う競馬で快勝。前々走の【菊花賞】では 6着敗退も、12番手後方から追い込んで最後までしっかりと末脚が伸びていた点は高く評価出来るか。
父「ゴールドシップ」譲りの豊富なスタミナが持ち味で、長距離戦でこそ。初の古馬重賞となるが、勝ち負けに期待か。

テーオーロイヤル

昨年の【青葉賞】4着後の休養明けから、目下 3連勝と充実。正攻法の競馬で後続に 2馬身半差、上がり 34秒4でまとめた前走【尼崎ステークス】は出色。
元々【未勝利】を勝ち上がった直後に【青葉賞】で、勝ち馬とは 0.1秒差と素質の高さは示しており、心身が見事に噛み合ってきた今なら一発があってもおかしくない。

メロディーレーン

JRA 最小体重勝利記録を持つ軽量馬だが、スタミナのある種牡馬が代々配されているステイヤー。2019年の【菊花賞】で 5着に入るなど、長距離適性は高い。
前々走【古都ステークス】を快勝し、3勝クラスを突破。全 4勝のうち 3勝が急坂の阪神で、重馬場も苦にしないタイプだけに、長距離ハンデ重賞は願ってもない舞台と言えそうだ。

トーセンカンビーナ

2020年の【阪神大賞典】2着【天皇賞・春】5着の後、リズムを崩してしまったが、転厩 2戦目の前走では、道中追い通しながらも最後の直線ではもう一度盛り返し、復活の兆しをみせた。広い東京コースで躍進で再躍進が期待出来るか。

トーセンカンビーナ
race.sanspo.com さんからお借りしました m(__)m
 

カウディーリョ

前走【万葉ステークス】では、4角 4番手の絶好位につけるも直線伸びを欠き 7着敗退。前々走【ステイヤーズステークス】では 1番人気に推されるも、こちらも 7着と敗退。ただどちらも積極的な好位先行策から勝ち馬から 0.4秒差、0.6秒差と踏ん張っており、展開次第では馬券内もあった内容。東京コースの長距離戦でも好走実績があり、脚質的に大崩れのないタイプだけに、近走の連敗で人気を落としそうなら穴馬としては面白いか。

カレンルシェルブル

まだ 3勝クラスと格下だが【セントライト記念】4着など秘める素質は重賞級。血統的にも「ハービンジャー×ハーツクライ」ならスタミナ重視の配合。瞬発力勝負で屈した前走を見ると、適性はゆったりした長距離。気楽に乗れる立場も踏まえれば、一発があっても・・。

アンティシペイト

前走【アメリカジョッキーズクラブ】では、荒れたインを通らされたことと、ブリンカーを外したことが敗因で 11着と大敗。重賞を勝てる素質がありながらも、未だ目覚めていない印象だが、ノビノビ走れる東京コースは間違いなく歓迎材料なだけに、何処まで・・。

マンオブスピリット

前走【万葉ステークス】では、直線上がり最速級の末脚を使って追い込み 4着善戦。
昨年前半は二桁着順続きで調子を落としていたが、休養から復帰後は【ステイヤーズステークス】6着など明らかに復調ムードが出てきた。3歳時には【京都新聞杯】2着という実績がある素質馬だけに、調子が戻ってきた現状なら大駆けの魅力も・・。

 

雑記!!

昨年のこのレースでは[グロンディオーズ]が 7番人気ながら、1番人気[オーソリティ]2番人気の[ポンデザール]を抑えて勝利したり、2020年は 16番人気と最低人気だった[ミライヘノツバサ]がまさかの 1着と、思わぬ伏兵が台頭する難解さ・・。
週末の天候次第では、またまた大荒れも十分に考えられそうだ。

 

簡単なデータとしては

・ JRAの GⅠ・GⅡにおいて 4着以内に入った経験のある馬

・ 前走との間隔が「中6週以内」

・ 8枠が連対率 40.0%、複勝率 50.0%と好成績

・ 1番人気が連対率・複勝率共に 80.0%と好成績

・ 例年 1頭は穴馬が馬券圏内に好走

・ 4、5歳馬が好成績

 

ここも難解なメンバー構成で、どれが勝っても不思議ではない状況だが、現在考えられる候補は[ヴェローチェオロ][トーセンカンビーナ][レクセランス][テーオーロイヤル]に常に応援している[メロディーレーン]と穴で[カウディーリョ]と[カレンルシェルブル]辺りか。ただ[メロディーレーン]は左回りに ? なので、最終的にはどうかな~~。

最終予想は前日夜と言う事で、何時も通り、宜しくお願いします🙇

 

www.s-johnny-garden.com

regimag.jp

 

 

 

 

ここで取り上げる予想は、自身の予想プロセスからの私見です。馬券購入は自己責任の範囲でお願いしますね (^o⌒*)/



プライバシーポリシー

問い合わせ