S-Johnny's Garden

中央競馬のメインレースを中心に独自理論で予想した結果を無料で公開。みんなで勝ち組を目指しましょう!!

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー


函館 2歳ステークス - PICK UP!!

目次

 

こんばんは。

 

昨年もこの時期の 2歳戦はイマイチだったからな~~

まだなかなか比較対象が難しいしね (-_~-)

そこ何だよな~~ (゚ー゚)(。_。)ウンウン

これでまた馬場状態もと思うと悩むはね (>_<)


【函館 2歳ステークス】

現在は 2歳馬による最初の重賞というポジションで定着している。

気になるデータを PICK UP!!

① 過去 10年の 3着以内馬 30頭中 18頭は、栗東所属の馬だった。栗東に所属する“関西馬”を高く評価すべきだろう。

② 過去 10年の 3着以内馬 30頭中 27頭は、JRAの芝 1200メートル以上のレースにおいて 4コーナーを 3番手以内で通過して 1着となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は苦戦している。

③ 過去 6年の 3着以内馬 18頭中 15頭は、前走の馬体重が「450キログラム以上」だった。一方、「450キログラム未満」だった馬は苦戦している。

④ 過去 6年における枠番別成績を見ると、3着以内馬 18頭中 16頭を 3枠から 6枠の馬が占め、2枠と 7枠の馬は全て 4着以下に敗れている。

 

想定メンバー&オッズ

f:id:s-johnny:20200713125812p:plain

 

注目馬!!

モンファボリ

好スタートからスピードに任せて楽にハナに立つと、馬なりのまま 4コーナー手前で後続との差を広げはじめ、直線を向くと、ノーステッキで 2着に 5馬身差の圧勝。1分8秒7という勝ち時計は、2歳レコード。心配があるとすれば、逃げられなかったときの対応だけか。

ラヴケリー

スタートを決められず、後手を踏んでしまったが、二の脚がかなり速く楽にハナを奪った。抜群の手応えで直線に向くとさらに加速し、2着馬に 3馬身差をつけての逃亡劇。スタートを決めてもっとスムーズな競馬が出来ればチャンスか。

ルーチェドーロ

デビュー戦でダート 1000メートルを 7馬身差で逃げ切った。スピードは有るが、課題は距離が 1ハロン延びる事と芝対応か。

ディープエコロジー

父が[キングカメハメハ]産駒の[クリーンエコロジー]という地味な血統だが、デビュー戦では 2番人気に推され見事に逃げ切り勝ち。馬場が悪化すれば面白い存在か。

グレイトミッション

デビュー戦は東京の芝 1400メートル。4番人気だったが見事 1着。稍重の馬場だった事もあり、タイム的にも目立つものでは無いが、長く良い脚を使えるタイプか。距離短縮が良い方向へ出れば・・。

リンゴアメ

デビュー戦は函館の芝 1000メートルに出走し 1番人気に応え見事優勝。スタート直後に一旦ブレーキをかけるように下がった場面があり、それでもすぐ盛り返して先団を追走して直線で差し切った内容はかなり評価出来るか。

フォドラ

デビュー戦は函館の芝 1200メートルに出走し 1番人気に応え見事優勝。逃げ切り勝ちの形だが直線で追われた時の反応も良く、ここでも十分に通じそうだ。

カイザーノヴァ

G1・6勝の[モーリス]の子がやっと一昨日の芝 1200メートル戦で勝利を挙げた。ゲートをタイミングよく出たが、行き脚がつかず、後方 9番手から前の一団を追い上げると、最後は外に出てから鋭い伸び脚で一気に先頭に立っての差し切り。

 

雑記!!

この次期の 2歳戦を比較する上ではどうしても走破タイムを基準にしてしまいがちだが、展開は当然あるんだが、スタート次第かな~~ 。

一応走破タイムで 1分09秒台以上で走っているのは[モンファボリ]の 1.08.7 で[ホーキーポーキー][ラヴケリー][フォドラ]の 3頭が 1.09.6と同タイム。
この 4頭で決まるとも思えないしな~~(汗)

 

 

www.s-johnny-garden.com

 

www.s-johnny-garden.com