S-Johnny's Garden

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

   

府中牝馬ステークス - 見解

こんばんは。

 

エリザベス女王杯の前哨戦ですね・・ただ、台風の影響がどうなんでしょうか ? 心配です。

取り敢えず何時も通り、データから見ていきましょう (^o⌒*)/

 

近走の単勝人気は要チェック

過去 10年の出走馬について、過去 3走での最高単勝人気別に成績をまとめると、3着以内馬延べ 30頭中 28頭は、最高単勝人気が 4番人気以内だった。勝率では 4番人気組が断トツの数値を挙げているが、1番人気組は 2014年以降4勝 2着 4回で、目下 5年連続で連対を果たしている。

 

3、4歳馬に注目

過去 10年の年齢別成績を見ると、出走馬の大半は 4歳から 6歳の馬となっているが、4歳馬の成績が最も良く、次いで 5歳馬となっており、6歳馬は連対が 1回だけ。また、3歳馬は出走した 2頭がいずれも 3着、7歳以上の馬は全て 4着以下となっている。

 

近3走で優勝を含めた3着以内2回の実績が必要?

過去 5年の優勝馬の過去 3走の着順を見ると、この 5頭には過去 3走で「1勝以上を挙げ、3着以内に 2回入っている」という共通点があった。

 

ラッキーライラック

1番人気に推された前走の G1「ヴィクトリアマイル」だったが、結果は悔しい 4着。ただ、一昨年の「アルテミスS」と「阪神ジュベナイルフィリーズ」を勝ち、同年度のJRA賞最優秀 2歳牝馬を受賞した素質馬だけに、ここは久々の優勝が期待される。

プリモシーン

中京記念 3着。2走前の G1「ヴィクトリアマイル」では、4コーナー 10番手から、上がり 3ハロン最速の末脚で追い込み 2着でゴール。ただ、追込み一辺倒の脚質を考えると、今回良馬場なら良いが、重になるようだと不安な面も・・。

ディメンシオン

前走の「京成杯オータムハンデ」は力のある牡馬が揃う中、2着にまとめており、まだ、重賞のタイトルは獲得していないが、この夏に確かな成長を遂げ、非常に力をつけてきている印象だ。

ソウルスターリング

2016年の「阪神ジュベナイルフィリーズ」2017年の「オークス」と、すでにGⅠを 2勝しており、このメンバーに入ると実績上位は明らかだが、最近の成績を見ると早熟傾向だったのか、と個人的には思ってしまう。今回、復活をアピールする絶好機になるか・・。

クロコスミア

エリザベス女王杯で 2年連続 2着に加えて、今年の「ヴィクトリアマイル」3着の実績も光る。前走の札幌記念(7着)は案外の結果だったが、状態面に不安はなく、コースも問わないタイプ。また、自在の脚質もセールスポイントと言える。個人的には毎回狙っている馬だが、人気にさほどならないので、今回も引続き、狙いたい。

 

その他では、ここ 2戦は案外の結果だが、東京・芝コースと相性のいい フロンテアクイーン、前走「ヴィクトリアマイル」では、結果を出せなかったが、放牧で立て直されて臨む カンタービレ、重賞で連続好走している スカーレットカラー辺りか。

 

 

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想

プライバシーポリシー