S-Johnny's Garden

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

小倉 2歳ステークス - 見解

こんにちは~~小倉の 2歳戦は難しいですね・・

2014年に単勝 15番人気のオーミアリスが優勝するなど、過去 10年で単勝 6番人気以下の伏兵が 3着以内に 11頭入り、そのうち 4頭が 10番人気以下と、波乱の結果が多いですからね・・

取り敢えず何時も通り、データから見ていきましょう (^o⌒*)/

 

20190723153903

 

初勝利時の 2着馬とのタイム差に注目

過去 10年の出走馬について、初勝利を挙げたレースでの 2着馬とのタイム差別に成績をまとめると、好走率が最も高いのは「0秒 6以上」組で、初勝利時に 2着馬により大きな着差をつけているほど、好走率が高くなる傾向にある。

 

前走の頭数が 10頭以上だった馬が優勢

過去 10年の出走馬について、前走の頭数別の成績を調べると、優勝馬 10頭は全て前走の頭数が 10頭以上だった。また、3着以内馬で見ても 30頭中 28頭は 10頭以上だった。ここ4年連続で「10から13頭」組が優勝を飾っている。

もう一つ 7月デビュー馬と 8月デビュー馬がほぼ互角の好走率をマークしている一方で、6月デビュー馬の優勝馬は無い

 

性別とデビュー戦の競馬場を要チェック

2013年以降の優勝馬 6頭について、性別とデビュー戦の競馬場を調べると、牡馬と牝馬3勝ずつ挙げているが、牡馬はいずれも中京デビュー牝馬はいずれも小倉デビューという共通点があった。

 

出走予定馬

カイルアコナ              牝2

シゲルミズガメザ         牡2

ゼンノジャスタ     牡2

ヒバリ                           牝2                

マイネルグリット         牡2 

ローランダー                牝2

デビュー戦の上記データから該当する馬を抜粋しました。

 

カイルアコナ

小倉芝 1200mの新馬戦で 2着に 4馬身差をつけて逃げ切った。余裕残しだっただけに勝ちタイム 1分 9秒 1も上々。今回引き続き、川田騎手が騎乗予定も魅力か。

マイネルグリット 

新馬フェニックス賞と連勝した唯一の 2勝馬。マイルから 6ハロンに距離を短縮しても柔軟に対応できたのは収穫だ。個人的には、こう言うタイプが良いように思うが・・

ヒバリ

種牡馬エピファネイア産駒。小倉芝 1200mの新馬戦をいい切れ味を発揮しての勝ち上がっているが、タイム的に今回が試金石か。

 

上記出走予定馬に入って居ない中では、新種牡馬リアルインパクト産駒の ラウダシオンフェニックス賞 2着のゼンノジャスタフェニックス賞は 5着だが ホープホワイト辺りまでは面白いか・・

 

上記データを参考に考えると、今回 1番人気が予想される カイルアコナについては「前走 9頭立て」と言う点がマイナス材料なるか ?

 

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ブロトピ:競馬予想ブロトピ:今日のブログ更新

プライバシーポリシー     問い合わせ