S-Johnny's Garden

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー

マイルチャンピオンシップ - 見解

こんばんは。

 

最強マイラー決戦ですね・・(^o^)v

 

取り敢えず何時も通り、データから見ていきましょう (^o⌒*)/

 

2010年以降の優勝馬 9頭はいずれも 2番人気以下で、そのうち 7頭は 4番人気以下にとどまっていた。近年は、1番人気馬がなかなか勝ち切れない、難解な一戦となっている。

年齢別成績に注目

過去 10年の年齢別成績を見ると、「4歳」馬が 3着内率で比較的優秀な成績を収めている。3着以内馬延べ 30頭中 26頭を「5歳以下」の馬が占めている。一方、「6歳以上」の馬は 3着内率も低く、5歳以下の若い馬が中心と言えそうだ。
なお、「6歳以上」の馬で 3着以内に入った 4頭は、いずれも前年の「マイルチャンピオンシップ」において 4着以内に入った経験がある馬だった。

 

前走の着順を素直に評価したい

過去 10年の前走の着順別成績を見ると、「3着以内」だった馬が 3着内率で、比較的優秀な成績を収めている。一方、「10着以下」だった馬は 3着以内に入った例がない。さらに、2013年以降の過去 6年に限ると、前走の着順が「8着以下」だった馬は全て 4着以下に敗れている。

 

牝馬 は2012年を最後に3着以内なし

過去 10年の 3着以内馬延べ 30頭中 27頭は、「牡・せん馬」だった。一方、「牝馬」は 3着内率で苦戦している。近年の傾向を重視するならば「牝馬」は過信禁物と見るべきだろう。

 

極端な大型馬は信頼できない

過去 10年の出走馬のうち、前走が「国内のレース」だった馬について前走の馬体重別成績を見ると、「520キログラム以上」だった馬は 3着内率で苦戦している。
なお、2013年以降に限れば【0・0・0・14】と全て 4着以下に敗れている。極端な大型馬は評価を下げるべきだろう。
 

近年は前走が少頭数のレースだった馬も不振

過去 6年の 3着以内馬延べ 18頭中 16頭は、前走の出走頭数が「13頭以上」だった。一方、「12頭以下」だった馬は 3着内率で苦戦している。 極端に出走頭数の少ない前哨戦に出走していた馬は割り引きが必要だ。

 

年明け以降に格の高いレースで好走していた馬が優勢

過去 6年の 3着以内馬延べ 18頭中 16頭は、同年、かつ JRAの出走頭数が 16頭以上の GⅠ・GⅡ において 5着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は 3着内率で苦戦している。前年以前のレースや、条件クラス・オープン特別・GⅢ、少頭数のレースでしか好走していない馬は、上位に食い込む可能性が低いと見るべきだろう。  

 

ダノンキングリー

前走「毎日王冠」では 1着。「皐月賞」3着、「ダービー」2着とクラシックは全て馬券圏内で、秋初戦の毎日王冠単勝オッズ1.6倍の圧倒的人気にしっかり応えて歴戦の古馬を撃破した。勝利しているのは全て 1800m以下のレースで、マイルは距離適性の高い舞台。デビューから手綱を握る 戸崎騎手が怪我のため、鞍上は 横山典弘騎手へ乗り代わりとなる。毎回書いてるけど「横典」相性悪いので、今回どうなんだろう (笑)

ダノンプレミアム

前走 G1「天皇賞 秋」では 2着。元々、体質の弱い面があり、休養を挟み流れ使われてきた馬で、今回中 2週で出走できるのだから「よほど体調が良い」のか。G1「安田記念」では 16着と大敗しているが、これまでマイル戦では安定しており、無敗の右回りが舞台なら、大きく崩れることはないだろう。

インディチャンプ

前走「毎日王冠」では 3着だが、58㎏ の斤量を背負っており、1800mもこの馬にとっては 1ハロン長かった。この時勝った、ダノンキングリーとの斤量差を考えれば、今回逆転可能だろう。G1「安田記念」では、現役最強馬 アーモンドアイを下しており、春秋マイル王を目指す。

アルアイン

前走 G1「天皇賞 秋」では 14着と大敗。ただこれに関しては、東京コースの 2000mで外枠という条件もあり、度外視出来る。昨年の 3着からもわかるように条件は最適。なんといっても鞍上に世界的名手 ムーア騎手を迎える予定で、手綱さばきに注目だ。

ダイアトニック

前走「スワンステークス」では 1着。大外をぶん回し、G1馬の モズアスコットとの大接戦をハナ差で制し、重賞初制覇。キャリア 6勝のうち 5勝が芝 1400mという事で、1ハロン長い気もするが、今の充実ぶりに、昨日の「エリザベス女王杯」で見事 ラッキーライラックを優勝に導いた スミヨン騎手騎乗で、期待の一頭だ。

モズアスコット

前走「スワンステークス」では 2着。昨年の G1「安田記念」を勝った後、1年半近く勝ち鞍がない。また、騎乗が予定されていた「世界のデットーリ」が乗れなくなった点も残念。

ペルシアンナイト

前走「毎日王冠」では 4着。2年前の勝ち馬で、昨年も 2着と好走。この時季、調子を上げてくるタイプで、今年も「札幌記念」5着→「毎日王冠」4着と上向いてきた。2走前から着用しているブリンカーの効果もあり、一発逆転を狙いたいところだ。

レイエンダ

前走「富士ステークス」では 2着。個人的にはムラ馬のイメージが強く、イマイチ信用できない。血統的には2018年の「天皇賞 秋」を制している レイデオロがおり、素質の高さは認めるのだが・・。

その他では、出走してくれば穴で G1「安田記念」で 0.2秒差の 4着だった グァンチャーレ、これまで中距離を中心に使われきたが、前走「スワンステークス」でタイム差なしの 3着だった マイスタイルとか面白いかな~~と。

 

今回、最大の注目は同馬主で共に最有力候補の ダノンプレミアム vs ダノンキングリーの対決となりそうですが、「二頭出しは人気薄を狙え」という格言もありますし、実際伏兵馬も沢山おり、馬券的には非常に面白い 1戦となりそうです。

あのさー 二頭出しって同一厩舎でしょ・・?

まあ・・(笑) 要はこの二頭では決まらないのではと <(^ー^ι)

 

www.s-johnny-garden.com

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ブロトピ:競馬予想ブロトピ:今日のブログ更新

プライバシーポリシー     問い合わせ