S-Johnny's Garden

中央競馬のメインレースを中心に独自理論で予想した結果を無料で公開。みんなで勝ち組を目指しましょう!!

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー


新潟大賞典 - PICK UP!!

目次

 

こんばんは。

 

春の新潟競馬がスタートするね~~

新潟競馬と言えば「千直」競馬が見どころだよね・・

千直もだけど、今週は荒れるので有名なハンデ戦。昨年も 7番人気が勝利だしね・・

うわ~~難しそうだね。でもガッんと一発 (^O^)」だよ  👇  で、買ってね(笑)

 

【新潟大賞典】

春の新潟競馬開幕週を飾る目玉レース。中距離重賞路線へ向けた出発点となる一戦。

気になるデータを PICK UP!!

① 過去10年の新潟大賞典において単勝1番人気馬の優勝はゼロ (oдO) 5番人気から7番人気の馬が計5勝を挙げている。単勝オッズ別の成績を見ると、3.9倍以下だった馬が全て3着以下に敗れている。それに対し、10倍台だった馬が5勝と好成績を残している。

② 過去10年の負担重量別成績を調べると、56キログラムから57.5キログラムだった馬が好成績となっている。一方、53キログラム以下だった馬は全て5着以下に敗れている

③ 過去10年の優勝馬10頭のうち9頭は、前走で4着以内だった。2着馬は10頭中8頭が4着以下で、10着以下だった馬が5頭もいる。

④ 過去10回のうち8回で「2走前が同年の1月のレースだった」という馬が連対している。

⑤ 3年連続で、「2走前までに10頭以下のレースで連対していた」という馬が優勝を飾っている。

ざっと目ぼしいデータとしては、こんな感じなので、出走予定馬を見ていく。

 

注目馬!!

エアウィンザー

昨秋の【京都大賞典】で12着に敗れたあと、右前球節の剥離骨折で戦線を離脱後の復帰戦だ。過去の戦績が示すとおり、GⅢならば地力上位は明白。状態さえ整っていれば、反撃は必至だろう。

ダイワキャグニー

前走【金鯱賞】では[サートゥルナーリア]の 3着に善戦。全 7勝が左回りの東京コースという事もあり典型的なサウスポー。同じ左回りの新潟コースでと期待したいが、昨年の【新潟記念】では 16着に敗れているのが・・。

ギベオン

昨秋以降の成績が今ひとつ。ただ【金鯱賞】では 4着と復調の兆しを見せた。2018年の中日新聞杯の覇者であり、G1の【NHKマイルカップ】でもクビ差の 2着。左回り適性の高さを思えば、軽く扱うことはできないか。

レッドガラン

前走【大阪城ステークス】では先行策の競馬で押し切り勝ち。5歳春でもキャリアはまだ10戦で底をみせておらず、成長を感じる。順調に使われている分、上位争いは必至か。唯一の不安と言えば 2000メートルでの勝利実績が無い点か。

インビジブルレイズ

近 2走は低評価にも関わらず、2連勝で一気にオープン特別も優勝と、勢いに乗る。昨年はなかなか好走出来ない競馬が続いていたが、それでも着差以上に内容は負けておらず、この連勝でいよいよ本格化をしてきたか。前走の【白富士ステークス】では[レッドガラン]をも退けている。

ブレステイキング

前走【京都金杯】では初の 1600メートル戦で前半から置かれてしまい 5着。ラストの脚は目立っており、今回は 3勝をマークしている 2000メートル戦だけに、十分に上位争いか。

ブラヴァス

前走【但馬ステークス】では 2番人気で見事に 1着。母が【G1 ヴィクトリアマイル】を連覇した名牝[ヴィルシーナ]で、徐々に血統面の良さが出てきたか。今回が重賞初挑戦となるが、ローカルハンデ重賞ならいきなり通用する可能性はある。

サラス

前走【マーメイドステークス】では 7番人気で見事に 1着。51キロの軽ハンデに恵まれた感はあるが・・。2走前に負けてはいるが、勝った[スカーレットカラー]とは0.3秒差。ただ流石に今回は長期休養明けだけに厳しいか。

 

他では、前走【アメジストステークス】勝ちの[アトミックフォース]、【中山牝馬ステークス】でも最速の上がりをマークした[レイホーロマンス]辺りか。
穴なら前走【ダービー卿チャレンジトロフィー】での脚が目立った[カツジ]が面白そうだ。

 

雑記!!

おー・・また娘から LINE が ドキドキ 💓 
前回鬼滅の刃のコスチューム買ってあげたよね~~ <(^ー^ι)

20200501223049
今回はツイステッドワンダーランド?? 何だそれ・・
調べたらディズニー何だ w(゜o゜)w おじさんには全然判らない・・Σ(゚口゚;
結構いい値段するじゃん(汗)10万円の給付金狙いか・・
まあ 1ケ月自粛延長になっちゃったし、コミケも中止になったみたいだからな~~ -(^^ゞ