S-Johnny's Garden

中央競馬のメインレースを中心に独自理論で予想した結果を無料で公開。みんなで勝ち組を目指しましょう!!

旅と競馬をこよなく愛するカラオケバトラー


京王杯オータムハンデキャップ - PICK UP!!

目次

 

こんばんは。

 

今日は昨日と打って変わり暑かった~~  ちょっと歩いただけで滝のような汗 ~(-o- )~

奥さんはまだ毎日歩いてるんでしょ ?

まあ夜だけどね・・

見習って一緒にやった方が良いんじゃないの ( ̄ー ̄)

 

【京王杯オータムハンデキャップ】

気になるデータを PICK UP!!

① 過去 10年の前走の着順別成績を見ると、前走で勝利していた馬が 7勝と大活躍している
2018年、2019年の優勝馬は昇級初戦かつ重賞初挑戦と、オープンクラス入りしたばかりの馬が 2年連続で優勝している。実績馬が重い斤量を背負うハンデ戦であるため、実績よりも勢いがモノをいう結果になることが多いようだ。

② 夏の上がり馬が勢いのままに激走。最も優勝が多いのは前走が 7月から 8月の 3勝クラスだった馬。勝率 57.1% は驚異的な数字ではないだろうか。同時期のオープン特別を使われて挑んだ馬は勝率・3着内率共に不振。

③ 過去 10年の負担重量別成績を見ると、軽ハンデ馬の活躍が多い。出走頭数は少ないものの 52キロは 3頭中 2頭が優勝

④ 新潟開催だった 2014年を除く、中山競馬場で行われた過去 9回の枠番別データには顕著な傾向が出ており、距離ロスの生じやすい外枠(7枠、8枠)の勝利はゼロ優勝回数が多いのは 5枠で 9回中 5回で優勝、それに次ぐのが 6枠の 2勝となっている。

* 脚質については差し優勢。4角 5番手以下の馬が 7勝を含む 16連対という成績を残している。

 

想定メンバー&オッズ

f:id:s-johnny:20200908115618p:plain

 

注目馬!!

ルフトシュトローム

無敗で挑んだ前走【NHKマイルカップ】は、直線で前が壁になる不利がありながら 5着と奮闘。上位 4頭が先行勢という完全前残りのなか、後方から唯一この馬のみが掲示板を確保と着順以上に評価して良い。中山マイルは 3戦 3勝、その全てで上がり最速をマークしている得意舞台。初の古馬対戦となる点をクリアすれば、秋の G1戦線でも楽しみか。

トロワゼトワル

昨年のこのレースをレコード(1分30秒3)で制した。とにかく時計の速い馬場で逃げた時は渋太い馬で、今年の【ヴィクトリアマイル】も強敵相手に 4着と好走。
前走【関屋記念】では、雨の影響を受けたタフな馬場であったにも関わらず 2着に粘り込みと、更なる地力強化を感じさせる。開幕週の時計の速い中山の馬場は絶好の舞台か。

スマイルカナ

前々走の【オークス】では距離が長く、地力を発揮出来なかったが、前走【米子ステークス】では見事に 1着。【桜花賞】でも 3着に粘り、3連複 12,590円の万馬券をプレゼントしてくれた一頭でも有る。今回同型馬との兼ね合い次第か。

アンドラステ

前走【関屋記念】では 1番人気に推されるも 3着。【エプソムカップ】でも 4着と 2戦連続牡馬相手の重賞で上位争いしており、着実に地力強化されている印象。「岩田望」騎手から「ルメール」騎手へと鞍上強化で万全を期すあたりからも重賞初制覇にかける陣営の思いは強い。

ラセット

前走【中京記念】前々走【米子ステークス】共に 2着と好走。末脚の破壊力はオープンでも十分通用するレベルまで磨かれているので、展開が合えば一発の可能性は十分か。

シゲルピンクダイヤ

前走【ヴィクトリアマイル】では 11番人気ながら 6着。未だ1勝馬の身だが、G1で 2着等の実績は侮れないが、気性難が問題か・・。得意なマイルでの成長に期待したい。

その他では前走【パラダイスステークス】では 10着と大敗を喫しているが、何度となく穴で指名し好走している[ボンセルヴィーソ]に期待したい。